スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺らぐ信頼 新たな再建 (食品偽装表示)

「名のとった老舗のものが必ずしも一流品とは限らない」

ある本で読み、妙に納得した記憶がある。メーカーにも黄金期が来て衰退期が来て暗黒期が来る。

今、話題になってる偽装表示で信頼が失墜した多くのホテルや飲食店のことだ。

先人が築き上げた、信頼と存在と信念がコストカット言う名の悪しき伝統という奇妙な風俗まがいの「流行」に乗っかってしまい結果的に実質の伴わない一流品になった格好だ。

私は経営者ではないが商いという人を相手にする以上は騙してはいけないと思います。
何故なら1回目は騙せても2回目からは必ずそっぽ向かれるからだ。
それだと短期的な視点で見れば経営は良いかもしれないが長く生存する以上は企業は中長期的視点で見て進めなければならない。

私にはある信条がある。
大学の関係上レポートを出すときや大学以外でのレポートの提出があるが私は「自分が一番良いもの!」と思うものを出したい。それにはハードルの高さと難易度の高さが高いが面白い。
むしろ自分が良い! と思ってないものを出しても価値観は人々様々なので評価は割れるが、大多数で支持せずに良いとは思わないだろう。しかし私はそれを貫きたい。
何故なら、それは自分に負けた気がして妥協しないで良い所でするのは嫌だし何より相手側に失礼だ。

老舗という冠を被った企業はその点はどうだったのか。厨房で出された料理をお客様を自身(従業員の方)に当てはめて考えなかったのだろうか。
またアレルギー持ちの方がいたとしてその偽装料理を出されていたら死者や病人を生み出すリスクになったかもしれない。

今回渦中の阪急阪神ホテルズの企業理念に「心豊かな社会の実現に向けて」とあった。
中身は↓
私たちは、常に変革に取り組み、「安心・快適」
そして「夢・感動」をお届けすることで心豊かな社会の実現に貢献します。 とあった。

老舗の復活と夢の途中への先のシナリオが気になる。
スポンサーサイト

帰って北!?

お久しぶりです。

生きてますよ~何とか(笑)

ここ数日は生きる希望とか、絶望とか、どうしたいかと。虚無感な感想になってます。
生きるのが辛いというか消えたい・・・・・。誰にも見つからずとか思いふけってます(笑)

しかし、何だかんだで生きてるんでもう少し頑張ってみます(^^)b

こんな感じですがひとまず、ブログ復活ですかね。
できる限り、自分の思うことを文字に書き連ねてみます、はい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。